カルグルト カンジダ

カルグルトでカンジダは治る?徹底検証しました!

カルグルトを飲むことでカンジダを治すことはできるのでしょうか?

 

答えから言ってしまうと、既にカンジダ膣炎が発症してしまった場合には、カルグルトを飲むよりも婦人科にいって治療を受けるのが素早く治すには有効です。一方で再発を防ぐ・予め予防するのにはカルグルトが非常に有効と言えます。

 

 

カンジダ膣炎とはどのような病状でしょうか?これはカンジダ菌と呼ばれる悪玉菌の一種が膣内で異常増殖をした結果、炎症を起こしてしまっている状態です。

 

つまり、症状が現れた状態ではすでにカンジダ菌が非常に多い状態なのですが、一刻も早く減らしつつ炎症を抑える必要があります。即効性という面では婦人科にいって抗生物質などで消毒をした上で、処方された薬を患部に塗ることが有効です。

 

これらの処置によってカンジダ菌を死滅させて数を一気に減らしてしまい、症状をやわらげるというわけです。一般的にはこの処置によって数日で症状が収まるケースがほとんどです。

 

 

カルグルトとカンジダの関係を解説します。先ほども言った通り、カンジダは悪玉菌の異常増殖によって、膣炎が起こりますので、これを増やさない状態、すなわち善玉菌が十分量ある状態を整えることが予防効果として高いです。

 

善玉菌の量を増やすために有効なのは腸内環境を整えることであり、5種類の乳酸菌(特許成分を含む)を配合されている、カルグルトはこの腸内環境をと問える効果が高いと考えられています。

 

つまり、カルグルトを飲むことで善玉菌が増え、逆に悪玉菌の増殖を抑制する。その結果、カンジダも起こらない、というわけです。

 

この善玉菌を増やす効果ですが、一概に何日で起こるとは言えませんが(環境やその人の体質にもよるため)、一般的にカルグルトを飲んだ人の口コミを見ると、お肌やお通じなどの効果を感じるまで数日〜2週間ほどかかる人がほとんどです。

 

つまり、このことから推測するとカルグルトを飲んで腸内環境が改善されるには最低でも数日〜2週間はかかるということです。

 

すでにカンジダ膣炎が発症しているのに、こんなにのんびり待っていられませんよね?だから、発症してしまった場合には婦人科にすぐにいくのが良いのです。

 

逆に再発が多いカンジダの再発予防やそもそも発症させないためには腸内環境を普段から整えておくこと、すなわちカルグルトを飲むことは非常に有効と考えられるでしょう。

 


⇒ カルグルトが気になる人はこちらから

 

 

 

 

関連ページ

実際に飲んだ人たちの生の声を紹介します
カルグルトを実際飲んだ人の感想はどうなんでしょう。カルグルト愛用者の口コミや感じた効果を紹介します。
腸内環境を整える乳酸菌サプリの評判を紹介
カルグルトは口コミでどんな評判なのでしょう。カルグルトの口コミから腸内環境整理にあたえる乳酸菌の効果を考えてみます。
カルグルトは過敏性腸症候群の解消に効果が期待できる理由
カルグルトは過敏性腸症候群に効くのでしょうか。カルグルトの乳酸菌の過敏性腸症候群への効果について考察しています。
いつ飲むのがサプルメントの効果を発揮するのにいいのか?
カルグルトはいつ飲むのが効果が高いのでしょう。カルグルトをいつ飲むのがカラダにより効果が高いのかを解説します。

 
TOP 通販 商品